Mai-K Smile Life

倉木麻衣ちゃんと麻衣友パワーでスマイル(≧∇≦) 今日も明日も明後日も♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
イタリア、4回目のW杯制覇おめでとうございます。

守りの美学カテナチオで、見事世界一の栄冠に輝きました。
060710.jpg

感想なんですが、上手く言葉が出てきません。
自分はアズーリを応援していたので満足ですが、ジダン…せめて最後までピッチに立っていて欲しかったです。。。。。

では試合を振り返ると共に、今大会peaceの選ぶベストイレブンも発表します♪


開始5分、マルダが抜け出して、マテラッツィとカンナバーロに囲まれPA内で倒れました。
マテラッツィは触ってないと思うんですが、PKの判定。。。

彼はオーストラリア戦でもほとんど触ってないのに、一発レッドで気の毒です。
主審の皆さん、彼の今までのプレーイメージで決めてないですか(笑)?

これをジダンがチップキックで、ゴール右上へ決めます(一度バーに当たり下に落ちましたが)。
何という余裕ですか(驚愕)。
この場面で、あのキックは恐れ入りました。
彼は心臓に毛が生えてますね(笑)。

ただ、これが決勝点になって、世紀のミスジャッジの大会にならなくて良かったです(^。^;)。

ところが19分にピルロのCKを、マテラッツィが得意のヘディングで早くも同点です。

それにしてもあの打点の高さ、見ましたか?
競り勝っていた相手、193cmのビエラですよw(゜▽゜;)w。

日本のセンターバック…牛乳飲んでね(^^)_旦。
今からじゃ無理!?
そうですか。。。

35分、ピルロのCKをトニがヘッドで合わせますが、クロスバー。
トニは今回、よくバーに嫌われてますね。
ピルロのプレースキックは、今大会通じて正確無比でした。

同点になってからは、両チーム流れの中からは崩せなくなりました。

後半になると、アンリの個人技からフランスが優勢に進めますが、なかなかシュートまで行きません。

後半16分FKから、グロッソの逆転ゴールにみえましたが、オフサイドでノーゴール。

このままフランスがやや押し気味のまま延長戦に入ります。


そして延長後半、問題のシーンです。
世界中の誰もが目を疑う場面です。

マテラッツィの胸に、完璧なヘディング!

見事相手をダウンさせ…って格闘技じゃないんですよ~(((;゜Д゜)))ガクガクブルブル。

余程酷い罵詈雑言を言われたのかも知れませんが、いかなる理由があろうとも、暴力行為を認める訳にはいきません!!
しかしあそこまであからさまなヘディングは、なかなか見れないと思います。
ある意味、ジダンのラストゲームは、伝説になるでしょう。

しかし、ここまで素晴しいプレーを見せていたのに…残念としか言えませんね。。。

そして、PK戦に突入。
フランスは、トレゼゲが失敗したのに対し、イタリアは5人全員が成功!
この瞬間、勝者と敗者の明暗がくっきり分かれました。


これでイタリアは、ブラジルに次いで2番目の4回目の優勝。

次の優勝も12年後でしょうかね(笑)。


さて、そんな感じで独断と偏見で選んだベストイレブンです。
やっと発表できる~(喜)、実はこれ2日前からある程度考えてあったんですよね~(^^ゞ。

フォーメーションは、得点王クローゼは入れる都合上2トップで。
4-4-2のフォーメーションにします。

GK ブッフォン(イタリア)

DF ミゲル(ポルトガル)
   カンナバーロ(イタリア)
   テュラム(フランス)
   グロッソ(イタリア)

MF マスケラーノ(アルゼンチン)
   ビエラ(フランス)
   ネドベド(チェコ)
   ジダン(フランス)

FW トーレス(スペイン)
   クローゼ(ドイツ)

   

こんな感じでジダン以外は運動量を考慮に入れたつもりですが、かなり個人的な感情が入ってます(笑)。
中盤が1番迷いましたね(・▽・;)。
ネドヴェドは、グループリーグ敗退ですがチェコの中で1番いいパフォーマンスでした。
ピルロ、ガットゥーゾのコンビとビエラ、マケレレのコンビは、素晴しかったですしね。
1トップにして、フィーゴ辺りを入れても面白いと思います。


打ち終わってみて、かな~り疲れました(疲労)。
途中で俺、何やってるんだろう?物好きだなあ~って思いましたもん(爆)。
皆さんは、そういうことないですか(笑)?

イタリアの例の問題が残ってますが、ひとまずW杯モードを終了し、通常モードに戻ります。

この問題と、新生日本代表、CLのバルサ、セルティックの試合時は、更新すると思いますが、しばらくお別れです。

時々、コソっと更新するかもですが、これからは参加ライブがメインになりそうですので、ご了承下さい。

後、このデザインは、ごちゃごちゃして目が疲れるので、後日テンプレート変更します。
あれ?別ブログに来てしまった(唖然)と思わないで下さいね。

サッカー関係で訪問してくれてる皆さん、ありがとうございましたm(_ _)m。

スポンサーサイト

マテラッツィにはレッドカードを差し上げるので、サッカー界から消えて欲しいです。

2006.07.11 01:09 URL | じゅんけい #K0v2UoR6 [ 編集 ]

あのヘディングはすごかったですよね。。。 もう、どうして、ジダン、、、
なんか、寂しい終わりになってしまいました。。。

2006.07.11 09:48 URL | 智子 #- [ 編集 ]

こんにちは
ジダンの頭突きにはビビリました。
トレゼゲがPKを外したときには、やっぱりジダンが・・・と思ってしいました。

2006.07.11 18:12 URL | ヴィンセント #- [ 編集 ]

コメントありがとうございました!
イタリア優勝で幕を閉じましたね。色々あって楽しめた大会になりました。
ジダンのラストは残念でしたね。まさかあんなラストになるとは思っていませんでした。
スペイン戦、ブラジル戦の彼のプレーが素晴らしかったですから、決勝もその試合のようなプレーを望んでいたんですが、最後に退場が待っているとは・・・残念でした。
イタリアの堅守はさすがでした。納得の優勝でしたね。

2006.07.11 19:42 URL | jenio10 #- [ 編集 ]

>じゅんけいさん
煽って挑発する方も悪いんですが、やはりあの行為では退場は止むを得なかったと思います。

>智子さん
凄く残念に思います。
フランスでは、ジダンが何故退場したか、子供達に説明できないと聞いてます。

>ヴィンセントさん
キーパーがブッフォンだったからと言うこともあると思いますが、彼の
退場劇には相当動揺したでしょうね。

>jenio10さん
大会自体は素晴しかったと思います。
予選から含めて彼がフランスを決勝まで導いたのは、紛れもない事実だと思います。
だから、余計ショックでしたね。
イタリアは守備だけでなく、攻撃でも魅力的でした。
日本もいつの日か…(´・へ・`;)ウ~ム。























>ヴィンセントさん

2006.07.11 20:47 URL | peace #gnZsULU2 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://peaceful365days.blog32.fc2.com/tb.php/94-3d013af7

W杯、PK戦制しイタリア優勝
伊がPK戦制し4度目の優勝、ジダン退場の仏敗れる (読売新聞) ジダン選手の頭突

2006.07.10 20:24 | Daily Shit

イタリア優勝
 W杯決勝ですが、PK戦にて、イタリアが優勝しました。 珍しく5人全員決めました。 それにしても、延長後半で、ジダンが退場になりました。 イタリアの選手に、頭突きを食らわせてしまいました。 ジダンと、そのイタリアの選手の間で、何があったのでしょ....

2006.07.10 21:03 | うまっT です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。