Mai-K Smile Life

倉木麻衣ちゃんと麻衣友パワーでスマイル(≧∇≦) 今日も明日も明後日も♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
長かった一ヶ月にも及ぶ戦いに終わりを告げます。
3987299405.jpg

試合が終わった後、黄金のW杯を手にし歓喜に包まれるのは、イタリア、それともフランスか?

決勝戦の為だけに、ゴールデンボールが使用されるんですね。
1004506503.jpg

キックオフまで暇なので、軽く大会を振り返ってみます。



今大会は、鉄壁の守備、しかしその中でもゴールを決めれるチームが勝ちあがって来ました。

サッカーに限らず、スポーツの基本は守備なんだと再認識しました。
守備あっての攻撃です。
野球でも同じですよね!?

決勝に残った2チームは、いずれも4バック。
しかも1トップなんですね。

しかし、攻撃時には中盤の選手がFWをどんどん追い越す運動量を持っていました。
このため、1トップでもバランスが取れる訳です。


日本は、攻撃力以前に、守備にも問題があったと思います。

DFは、3バックでした。
FWは2トップで、中盤の守備もFWがカバーしていました。
決定力のある世界レベルのFWがいないことも要因の一つかもしれませんが…(汗)。

更に運動量のある中盤の選手がいないため、2つの弊害がありました。

守備面…ボールを追い回す選手(ガットゥーゾ、マケレレのような)がいないため、DFラインを上げられず、こぼれ玉を相手に拾われることが多かったです。

攻撃面…ボール運びでは、前線のスペースに走ったり、近くにサポートにくる選手が少なく、俊輔やヒデにかなり負担が掛かっていました。

このバランスの悪さが、攻撃面でもゴール以前にシュートまで行かないような気がします。。。


これからオシムJAPANとなる訳ですが、これを全てマネしようと思っても出来ませんよね。
ない物ねだりしても仕方ないですが、今の日本に出来ることを実践して行って欲しいと思います。

システム以前に、特に運動量は見直して欲しい(必死汗)!と思います。



何か、愚痴っぽくなってしまって、ごめんなさいね(滝汗)。
まあ、愛情の裏返しだと思ってもらえば、幸いです(^^ゞ。


え~、まだ時間があるようなので、peaceの選んだベストゴールを…。

今大会のゴール、ベスト3を選んでみました。


第三位 アルゼンチン 対 セルビア・モンテレグロ 
ダイレクトパスを繋いで決めた、カンビアッソのゴール。


1点リードしていた状況だったとはいえ、とにかく美しかったです♪


第二位 アルゼンチン 対 メキシコ
左からのクロスを胸でワントラップして、DF越しに決めたマキシ・ロドリゲスのドライブボレー。

膠着した状態を打ち破る気持ちいいゴール、鮮やかでした♪♪


第一位 ドイツ 対 イタリア
DFを引き付けて出したピルロのノールックパスを、ダイレクトで決めたグロッソのゴール。

シュートコースをブロックに来たバラックの外側から、カーブを掛けてサイドネットに決めたコントロールショット!!!

アシスト、ゴールの難易度、全てがパーフェクトで、美しさももちろんですが、終了間際の時間帯といい決勝進出を決めた意味でもスーパーゴールでした♪♪♪

決まった瞬間、最高でしたね~(≧▽≦)ク~。

ま、ドイツ国民は、ムカついたでしょうけど(笑)。


選手の皆さん、ご馳走様でした、もう大満足ですよ(・▽・)b。


皆さんのベストゴールは何ですか?



今、決勝戦のセレモニーで、シャキーラが出てました。
世界中に放送すると思うんですが、宗教的にあの衣装でOKなんでしょうか(苦笑)?


P.S
選手の皆さん、素晴しい試合をありがとうございました♪

黄金のW杯を掲げたのは、イタリアです!
アズーリ、優勝おめでとう(*´∀`)ノ~~☆

夜、ちゃんと記事にしますね!
スポンサーサイト

ロドリゲスのシュート、すごかったですよね! 今思い出しても、鳥肌です!

2006.07.11 09:49 URL | 智子 #- [ 編集 ]

>智子さん
もう1回決めようと思っても、中々決まらないと思いますよ。
ビューティフルゴールでしたね(b´∀`)b。

2006.07.11 20:32 URL | peace #gnZsULU2 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://peaceful365days.blog32.fc2.com/tb.php/93-8667893d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。