Mai-K Smile Life

倉木麻衣ちゃんと麻衣友パワーでスマイル(≧∇≦) 今日も明日も明後日も♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
862.jpg

またもライブから1週間経過し書くのが面倒だったりしますが(笑)、素晴しいライブだったので、記録として残します♪
いつものように他ブログを参考にしましたm(_ _)m。

初めにグッズ売り場でパンフのみ購入しますが、この時は何故スポーツタオルだけが売り切れなのか(・▽・?)って感じでした。
中には、コースターやポストカード、シール等がおまけで付いてました♪

次に時間があったので、トランポを撮影。
お隣には、噂のTreasure Landテント&稲葉、松本怪獣人形もありました。
少し興味ありましたが、何せFC入ってませんので(汗)。

更に時間あったので、隣のイオンを彷徨ってました(笑)。

場所は名古屋ドーム、席は3類側スタンドL4○列、10○番。
さすがに広すぎて、お得意の双眼鏡でもよく見えなかったです(^^;)。
男女比は、4対6くらいでした。
20~30代が多かったと思います。


会場内では曲が流れてましたが、勉強不足で解らず。。。
そして会場のライトが消え、ライブスタート!!
いつも以上に長いので、気合入れて読んで下さいね(^^)。

今回は演出、MCを中心に行きます!
あ、感想も多めです。

お馴染みのネタバレレポですので、後ファイナルに行かれる方は、ご注意を!

セットリスト

01.ALL-OUT ATTACK
02.juice
MC B'zのLIVE-GYMにようこそ!
03.ピエロ
04.ネテモサメテモ
05.ゆるぎないものひとつ
MC 振り付けについて
06.恋のサマーセッション
07.MVP
08.BAD COMMUNICATION
09.Ultra Soul 
松本ギターソロ
10.雨だれぶるーす
センターステージにて、バンドメンバー紹介&質問コーナー
11.HAPPY BRATHDAY
12.Brotherhood
13.BLOWIN'
ステージに戻る
14.OCEAN
15.MONSTER
16.衝動
17.愛のバクダン
18.LOVE PHANTOM
19.SPLASH!
20.明日また日が昇るなら
アンコール 
01.ギリギリchop
MC MONSTERについて
02.RUN


サポメンは、4人。
あ、松本さんはエレギター弾いてますが、本メンですので。
キーボードは増田さん。
ドラムはシェーンさん。
ギター&コーラスは、太田さん(doa)。
ベースは、徳永さん(doa)。麻衣ファンには、お馴染みですね(^^)。
しかし、こんなに掛け持ちしてて大丈夫なんですかね、彼らは(^^;)。


01.はスクリーンはこの曲終了後まで真っ黒で、ステージが逆光気味で白いライトに照らされ、双眼鏡で辛うじて稲葉さんと松本さんらしき人物がわかりました(苦笑)。
稲葉さんは、黒の革ジャン風のYシャツとジーパンでした。

02.もうすっかり周囲がB'zワールドに入っていて、圧倒されました(笑)。
この曲くらいから、少しずつ周りの雰囲気に溶け込もうと、壊れ始めます(爆)。


最初のMCで、お約束で「B'zのLIVE-GYMにようこそー!」と叫ぶんですが…。
稲葉さんが「何か変な人がいるよ?!」と指差すとスクリーンにも両脇を警備の方に押さえられた女性が!
初め、何か派手に暴れすぎて捕まった人?と思ったら、スクリーンに女性の着ているTシャツ?タンクトップがアップになり…。

そこには…。



B'zのLIVE-GYMにようこそとプリントが(爆)。


この直後、会場は大爆笑(≧▽≦)!!!
そしてお決まりの、B'zのLIVE-GYMにようこそー!!のコールが。
中々粋な演出でした♪

03.上木彩矢ver.も良い出来栄えですが、こちらが本家本元ですね。
この曲、好きです♪

06.ではチアガールのようなダンサーが20人くらい出てきました。
あまりB'zっぽくない曲ですが、たまにはこういう曲もいいかな(^^;)。

07.では事前に稲葉さんから振りのお願いがありました。
公式HPにも載っているし、スクリ-ンにも表示されたのですが、うる覚えで何度か間違えました(汗)。
恋心くらいなら何とかいけますが…まあ、楽しめればいいかな(;^^A。

08.09.辺りはノリノリで最後のultra soulの所は、4回ジャンプしました♪
いい汗、かかせて頂きましたよ(笑)。

10.メロウなギターソロで、かなりアレンジしてて何の曲か解りませんでした。
このソロの時だったと思いますが、稲葉さんが衣装チェンジ。
紫のYシャツと黒のジーンズだったと思います。


10.の曲終了後、稲葉さんが中央のステージに移動します!と宣言し、松本さんと反対側に別れアリーナの花道を通って、移動しました。

ここは3メートル四方くらいの小さな円形ステージで、360度見れるように余分な柱がなく、回転するという優れものでした(驚)。
と言うか稲葉さんというまで、このステージに全く気付きませんでした(汗)。
でも、その位小さかったということです(言い訳)。

ここでファンの質問に答えるんですが、こういうコーナーは大好きですね(^▽^)。
ライブには曲だけ求めて来られる方もいるでしょうが、そのアーティストが身近に感じられますし、大掛かりなセットなどよりファンに対するサービス精神が感じられます。
別に派手な演出を否定してる訳じゃありませんよ。

開演前スタッフが受け付けていたらしく、何枚か用紙を持っていてその中から選びました。

「好きな色は?」という質問に…。
増田さんが紫。松本さんと太田さん(水泳部だったから)が水色。シェーンさんが赤(髪の毛の色)。徳ちゃんが(スイカが好きだから)が赤。
これだけしか、メンバーがいないに2人もかぶってるのは凄いですね~というツッコミが(笑)。
稲葉さんが肌色。(肌色の服来てると裸に見えて健康的でいい)とか言ってて(・▽・?)でしたが面白かったです。

最後の質問です!という稲葉さんの一言に「え~~~?!」って会場から声があがりましたが、「僕らミュージシャンにとっては、大変な冒険をしてる訳ですから、解って下さいね(笑)」ってのが笑えました♪

「コンビニで必ず買う物は?」
増田さんは第3ビール(プリン体は身体に良いらしい)。太田さんは第4のビール(ナイと思いますがギャグでw)。徳ちゃんは野菜ジュース。シェーンさんはスライスのハム。松本さんは旅館の半身浴用に読み切りの漫画。稲葉さんはレジのところに置いてある豆大福でした。

その後、今日誕生日の人いますか?で次の曲が解りました。
アコギだけでアットホームな感じでHAPPY BRATHDAYを歌ってくれました。
ロックでもこういう曲をやってくれると良いですね!

12.ではスタッフは大忙しですが、小さな舞台にセットを持ち込んで演奏開始。
この曲のサビのWe'll be airight部分は全ての腕が会場の中心のステージに向ってゆっくり振られ、何故か風の谷のナウシカのオーム達がナウシカを運び助けるシーンを思い浮かべました。
まあ、感動的で会場が一つになっていたということです(^^;)。
最後のシャウトも凄かったです。

13.の最後のBLOWIN'IN THE WINDと会場のコールがエンドレスに続く中で、メンバーはステージに戻ります。
ここでも稲葉さんが「TAK(松本)さん、早く早く~(笑)!」などと会場を飽きさせませんでした。


15.ではアルバムタイトルにもなったメインの曲なので演出が凄かったです!
イントロのHey!と叫ぶ部分でステージ前方から10くらいの炎が上がってました。
また、ステージ中央奥には、シーツで作ったのでしょうか!?恐竜の翼竜のようなセットが出現しました。
この巨大セット作るの大変だったでしょうね。

17.では一瞬で恐竜が蝶!?に変化しました。
照明も蝶だったと思います。

19.では名古屋にSPLASH!と盛り上げてから、曲に入りました。

アンコールは、2拍子の手拍子がアンコールの掛け声代わりで、ウェーブが起こってました。
DIAMOND WAVEツアーでも、きっちりとウェーブ決めたいですね!

アンコール後は、稲葉さんがツアーのタオルをグルグル回して、ノリノリのまま曲に突入。
peaceも一緒に、全然違うタオル振り回しました(爆)。
もちろん、両隣に当てないというマナーは心得てますよ♪

パンフにも載ってましたが最後のMCで、人間誰もが持ってるMONSTERで相手を深く傷付けたり、それを抑えすぎて行き場のなくなったMONSTERのせいで心が麻痺したりすることがありますよね。
そうならないように(B'zライブでw)上手く解放し、頑張っていきましょう!と今回のアルバムタイトルの由来と宣伝をしてました。

B'zというとロックバンドで激しいイメージなんですが、心の大切さ、温かさを感じました。
今の時代にないがしろにされつつある凄く大事なことを、サラリと笑いを入れながらも呼びかける所がカッコ良かったです!
ああ、こういうおっさんになりたい。。。

自分は倉木麻衣の音楽を聴きながらも、人柄の素晴しさやこういうメッセージ性に共感して、どんどん惹かれています。
B'zのような日本最大級のバンドも音楽活動を通じ、こういう発信していることを感じられ、嬉しかったですね。
好感度も大幅にアップして、更に一つFCが増えるかも知れません(笑)。


最後の曲の後、メンバー全員でステージ前方に集まりました。
恒例の最後の挨拶、「せ~の、お疲れー!!!」を会場全員でやりました。
一度やってみたかったので、ご満悦です♪
サポメンの方々は、ここでさようなら~(笑)。

RUNの後で、稲葉さんが本当にドームのアリーナをグルッと走りながら一週してくれました。
もう汗だくなんですが、スタンドのファンにも手を振りながら、疲れきってる中でのファンサービスには頭が下がりました。

本当に最後は、松本さんとステージの端から端まで、交互にお礼の挨拶に行ってライブ終了。
この後、早足で会場を後にしたんですが、電車を3本ほど見送りました…(;・∀・;)。

感想はやはり会場は熱くてノリも凄いんですが、変に曲の最中に叫ぶ人ややたらとジャンプする人もなく、意外と快適でした。
ただスタンドでも座ってる方は皆無でしたので、小さいお子さんや年配の方にはあまりオススメはしません。

また、特に指示がなくてもどこで一緒に歌う、どこでこの振りをする、静かな曲は手拍子も止め静かに聴くというノリとマナーが徹底されてる感じでした(驚)。
さすがにFCサイト会員数日本一を誇り、数多くのライブをこなしてるだけありますね(感心)。
アリーナの方には行った事ないので、どうかはわかりませんけどね(笑)。

ライブ自体は、曲が2~3曲ごとにチューニングを変えるためか、たっぷり間をとりますが、いいことだと思います。
移動やMCもたっぷりあって、2時間半位たっぷりと楽しめました♪
噂では、過去のアルバムやカップリング曲も出ると聞いていたので、初心者にも解り易い曲が多く安心しました(^^)。

毎年、チケットが中々ゲットできなくて、参加まで3年掛かりましたよ(^^ゞ。
来年はFCに入って?、また行って見たいです(笑)!
もう充分過ぎるほど人気があるので、あえて応援はしませんが(爆)。

稲葉さんはトークでもサービス精神たっぷりで、松本さんは素朴でマイペースな感じですが、そのギャップとコンビプレーが楽しかったです。
師匠~、MCなど最高にオススメですぞ~(笑)。

もちろん、肝心の音の方も素晴しいパフォーマンスでした。
あれだけ激しい曲の中での、シャウトやビブラート。
よく喉を潰さないものだと驚きを隠せませんが、どんなケアしてるんでしょうかね~。
ギターのソロも凄くて、速くて何やってるのか解りませんからね~。
ハンパな鍛え方、練習量じゃないですね。
もちろん、そんな苦労の様子など微塵も見せません。
これをずっと続けて全国回るとは、本当にパワフルなおっさん達です!
いつか言っていたように、ローリングストーンズのように爺さんになってもステージに立てるうちはやる!という言葉が現実味を増してきました。

peaceも10年経っても、こういう風にありたいな~と思いました。
何!?無理?
そうですか。。。


ではお後はよろしくないですが、この辺で。
以上でB'zナゴヤドーム初日公演のライブレポを終わります。
いつも長文にお付き合い下さり、ありがとうございましたm(_ _)m。
スポンサーサイト

B'zのライブは、いいですよね!!
僕は去年(徳ちゃん目当てで!?謎笑)行きましたが、楽しかったですね!!
今年は、残念ながら行けなかったんですけど、また行きたいですね!!

稲葉さんは、40歳を越えてますが、全然見えないですよね!!

2006.08.28 22:03 URL | 俊 #VEIOABK. [ 編集 ]

>俊さん
思ってたより、ずっと良かったです(^^)。
昨年行かれたということは、ALONE聴かれたんですね!
いいな~。
機会があったら、一緒に行きましょう!
俊さんにロック語らせたら、熱そうですね~(笑)。

2006.08.29 18:41 URL | peace #gnZsULU2 [ 編集 ]

ALONE聴きましたよ!!3回ぐらい聴いたと思います。B'zのライブは、5回行きました。
99年00年01年2回05年ですね!!

機会がありましたらぜひ一緒に行きましょう!!

>俊さんにロック語らせたら、熱そうですね~(笑)。

いえいえ、サッカーに比べたら冷たい!?ですよ(謎爆)!!

2006.08.31 20:58 URL | 俊 #VEIOABK. [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://peaceful365days.blog32.fc2.com/tb.php/127-dc7581f1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。