Mai-K Smile Life

倉木麻衣ちゃんと麻衣友パワーでスマイル(≧∇≦) 今日も明日も明後日も♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今日は珍しく否定的なことを書くので、もしかすると気分を悪くされる方がいるかも知れません。

最初の数行で内容は想像できると思うので、続きを読まれる方は充分注意して下さい。

それと大変長いので、読まれて気分を害されても責任は取れません。
また不毛な議論をする気はないので、この件に関してはコメント頂いてもスルーするかも知れません。

倉木麻衣のアルバム「DIAMOND WAVE」の初動の売り上げが発表された。
初動7.8万枚だそうだ。
世間では、色々と否定的な見解が多いような気がする。

人気が落ち目で楽曲のクオリティーがどうとか。
TV出演しないことで販売戦略がどうとか。
ジャケット3バージョンが発売されたことについてどうとか。

他にも不満はあるでしょうが、ファンでない人達が言っているのであれば、あっ、そうで終わり。
でも、ファンで力を入れて応援してるほど、不満も多いかも知れない。

もっといい曲を聴きたい。
もっとテレビに出て、ファンを楽しませて欲しい。
売り上げを大幅にアップさせて、以前のように一番になって欲しい。

管理人も倉木麻衣のファンで、こんなブログなど開設しているくらいなので、気持ちは解らなくはない。
しかし、これは理想であって色々な事情もあるから、努力すれば必ず叶うとかいう物ではない。
欲求は徐々にエスカレートしていき、満たされない欲求は不満から怒りに変わる。


では、ファンとは何だろう?
お金を出して、CDを購入すればファンなのか?
ライブに何度も行って、実際アーティストに声援を送ることがファンなのか?
グッズを含め、全てコンプリートすることがファンなのか?
全ての情報に精通していて、解らないことはないのがファンなのか?

CDも持っていない、ライブにも行けない、グッズも持っていない、情報にも疎い、そんな中でもファンも中にはいると思うのだが…。


経済面から言えば、CD売り上げははっきり数字が出るので、どんな作品でも、どんなに付録を付けようが、販促の為に映画やドラマに出演しようが、CD以外にもタレント活動しようが、ネットを通じて海外にも発売しても、一切構わないと思う。
どんなに品物が良くても、その存在が知られていなければ、購買意欲も何もないからだ。
どんなことをしても宣伝し、数字を伸ばすことが重要だ。


ところがファンの中には、そんな事はいけない、純粋にCDのクオリティーを上げることだけに力を注ぐべきという人もいる。
これって、ファンの我儘?

また経費削減してCDなど一切作らず、もっとその分に掛かる時間を短縮して、多くの楽曲作ることのみに費やせばいいという人もいるかも知れない。
これって、ファンの我儘?



例えるが悪いかも知れないが、プロスポーツはボクシングやサッカーのように勝つことと全てだ。
試合内容など関係なく、派手なKOや多くのゴールシーンなど二の次なはずだ。
勝って資金ができれば、良い設備やトレーナー、良い選手補強も出来る。

ファンは勝利を望んで、試合会場に足を運ぶはずだ。
ところが一部のファンやスポンサーは、それではいけない。
チャンピオンはKOで勝って欲しい。
ゴールはもちろん、華麗なテクニックを披露して欲しい。
もっともっと多くの試合を行って欲しい。

よって、スポンサーなどの興業で試合や練習以外にも多くの時間を割いて、CMや海外遠征等を組む。
しかし、これは試合のクオリティー、実力を上げる妨げになっていないのか?


ファンとは、何を望むべきなのか?
何は望んではいけないのか?

結論は、人それぞれ価値観が違うだろうが、自分はこうだ。
要は好きか、嫌いか?
試合に勝とうが負けようが、資金が少なかろうが、クオリティーに満足できなかろうが、最終的にはそういうことだと思う。
自分が嫌いになったら、好きではなくなったら、ファンを辞める時。
そんな日が、来ないと信じたいが、それは誰にも解らない。


よくスポーツで弱くなったからファンを止めるという人がいるが、本当に好きだったのかと聞きたくなる。
フーリガンで有名なイングランドでは、チームが2部リーグだろうが、3部リーグだろうが、週末になると自分の愛するチームを応援する。
仮に下のリーグに落ちて、主力選手が大量に移籍しても、ファンであり続けると思う。
当然言いたいことも言うし、時には騒ぎも起こすが、不満や主張は選手や関係者に直接言う。
本当に変わって欲しい!
心の底から応援している!
という気持ちを。

なら、伝えればいいのではないか?
伝えても変わらない場合も多いと思うが、手をこまねいて何もしないより、遥かにいいと思う。
もちろん伝え方は考慮すべきだが、影でどれだけまともなことを真剣に伝えても、相手には伝わらない。
また、欠点を言って注意を呼びかけたところで、相手のモチベーションを削ぐだけで、恐らく戦力は低下する。
まれに上がる場合もあるが、自分達の信じていた物を否定されるので、再構成に恐ろしく時間がかかる。
そこで戦うのを辞めてしまう可能性もある。

それと相手ばかりに求めるのはフェアじゃない。
自分はどんなスタンスでいればいいか?
そのために自分は何ができるか?
何をすればいいか?

また関係者が望んでもいないことは、やるべきではない。
納得がいかなければ、ファンを辞めればすむだけのこと。
関係者に相談し、出来ることからやるしかない。

そこまで腰を据えてじっくりやる覚悟のある人が、真のファンだと思う。
残念ながら、管理人にはそこまでの情熱はない。
だから、自分の出来る範囲で応援できれば満足だ。

最後には何を書いてるのか、解らなくなってきたが、皆それぞれ自分の出来る範囲で応援すればいいのでは?
無理に生活を切り詰めて、眉間にシワを寄せて応援するは楽しくない。
また期待するのも、程々で。

相手にいい物を求めるなら、相手がどうすればモチベーションが上がるのか考えましょう。
それを自分の無理せずできることを選んで実行しましょう。
それが、ファンとしてあるべき姿では?


今日は珍しく変なことを考えてみました。
もし、ここまでお付き合い下さいました方がいらっしゃいましたら、コメントはいらないので、一度考えてみてはどうでしょう?

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://peaceful365days.blog32.fc2.com/tb.php/112-b22efb47

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。